大量の洗濯物を処理|特殊な三次元測定で製品開発をスムーズに行う

特殊な三次元測定で製品開発をスムーズに行う

作業員

大量の洗濯物を処理

洗濯

介護施設にも導入

業務用洗濯機はクリーニング工場やコインランドリーに設置されるだけでなく、ホテルなどの宿泊施設や、温泉・ゴルフ場といったレジャー施設でも活躍しています。また近年急増している介護施設でも、業務用洗濯機の導入が進んでいます。家庭用洗濯機では一度に洗濯できる量が少なく、手間がかかる上に電気代や水道代の無駄も多くなります。業務用洗濯機はランニングコストが低く、衛生管理が容易になることから人気があります。国内外の多くのメーカーが業務用洗濯機を取り扱っており、機種によって洗濯容量に大きな違いがあると同時に、盗難防止機能や汚物処理機能など、さまざまなオプションがついています。業務に合わせて選べることがメリットのひとつです。

設置工事の注意点

業務用洗濯機の多くは、一般家庭向けの100Vの電源では使用できず、業務用200Vの契約をする必要があるので注意してください。また全体に機械が大型で重量もあるため、床がしっかりしていないと搬入や設置ができません。場所によってはコンクリートの基礎工事を行なってから設置します。ただし小型の機種であれば、そのまま設置できる場合もあります。業務用洗濯機は家庭用洗濯機に比べると高価ですが、耐久性が高く長持ちするのが特徴です。そのためコインランドリーなどで使用するなら、中古品を探すという方法もあります。新品を導入する場合はメンテナンスのことも考えて、アフターフォローの確かなメーカーの製品を選ぶことが大切です。