一台で土質改良全てを行う|特殊な三次元測定で製品開発をスムーズに行う

特殊な三次元測定で製品開発をスムーズに行う

作業員

一台で土質改良全てを行う

工事現場

重機で土質を改良する

建設現場で発生する土の中には、軟弱な粘性土や泥炭などがあり、そのままでは再利用できません。そこで、そのような土に薬品などを加えて、利用できる土質に改良することを土質改良といいます。以前は、人手を使って薬品を混入していましたが、クレーンでかき混ぜて、薬品と土がよく混ざるようにするなど、手間がかかっていました。土質改良機の登場により、土質改良の作業効率は格段に上がりました。さらに、移動式土質改良機が普及したことにより、現場から残土を運ぶ手間が省け、その場で作業できるようになりました。なお、土質改良機は、土質を改良するだけでなく、汚染土壌を洗浄できるものもあり、活躍の場が広がっています。このように、土質改良機は環境保全にとって必要な機材なのです。

機材の違いはどこにあるか

土質改良機を購入、もしくはレンタルする際に気を付けるポイントは何でしょうか。まず、薬品と残土がしっかり混ざり合う必要があるので、混合効率が大切です。一次、二次と細かく何度も粉砕して、混ぜ合わせる機械もあります。また、残土の種類にもいろいろあるので、土の状態に合わせて混合のさせ方を変えたり、投入する薬品の種類や量を変えたりする必要があります。そこで、混合度合を段階分けしたり、薬品の投入する量を調整できる機能がついた機材もあります。他にも騒音を減らしたり、液体添加剤の使用により粉塵の発生量を減らしたり、周りの環境へ配慮したものもあります。品質をあげれば、価格も上がってきますので、現場の状況や、自社の状況に合わせて、選ぶ必要があります。