特殊な三次元測定で製品開発をスムーズに行う

男の人と女の人

最新記事一覧

一台で土質改良全てを行う

工事現場

建築現場で発生する残土を、使用可能な状態にする重機が土質改良機です。土質を改良するだけでなく、汚染土壌を洗浄する機材もあるので、幅広く利用されています。土質改良機には、残土の種類別対応、騒音対策、粉塵対策など様々な機能があるので、現場や自社の状況に応じて、機種を選ぶ必要があります。

View Detail

大量の洗濯物を処理

洗濯

業務用洗濯機はクリーニング工場以外にも、宿泊施設やレジャー施設や介護施設などで利用されています。家庭用洗濯機より耐久性が高く、さまざまなオプションが選べて、ランニングコストを節約できるという特徴があります。

View Detail

作業効率アップのベルト

工場

コンベアベルトは多くの企業で用いられていますが、ベルトには種類があるため企業で扱う物に合ったベルトというものが存在します。適したベルトを選ぶためには専門会社に相談すると良いのですが、使っているベルトを交換する時や作業をより良くするために加工したい時も専門会社に頼ると、企業に合ったベルトと出会えます。

View Detail

工業製品の寸法測定

作業員

非接触型も登場

工業製品の製造や開発の過程では、既存製品の寸法を精密に測定して構造を分析したり、試作品の寸法を測定したりする必要も生じます。製品製造の最終工程では設計図と製品との間に寸法の狂いがないかどうか、厳しい検査も欠かせません。そうした場合に寸法を測定する手段として、かつてはノギスやマイクロメーター・ダイヤルゲージなどアナログな工具が使われていました。そうした工具は現在でも活躍する場面はありますが、測定効率や正確度といった点で課題が多いのは事実です。現在ではコンピュータを利用した立体的な測定技術が確立しており、三次元測定機と呼ばれる特殊な機械を使う例が増えてきました。三次元測定機ではX軸とY軸にZ軸も加えた3点測定による座標軸を決定することで、正確な三次元データが得られます。試作品などの測定においてもミクロン単位での精度が得られることから、従来の工具に替わって三次元測定機を導入する企業が増えているのです。三次元測定機を検査工程に導入することによって、多くの企業で工業製品の品質向上に役立てています。従来の接触型に加え、レーザー光などを使った非接触型の登場により三次元測定器は大きく進化を遂げました。

据置型から可搬型へと進化

接触型・非接触型ともに優れた測定精度を発揮する三次元測定機ですが、設置費用の問題や維持管理費の問題も無視できません。これまでの据置型では検査室等に設置した後、測定する製品や試作品を持ち込むための手間も発生します。測定できる対象にもサイズ的な制約があるため、大型製品や建造物のような対象は測定できませんでした。そうした据置型三次元測定機の限界を打ち破ったのが、持ち運び可能な可搬式の登場です。医療の現場でも使われている多関節アームを三次元測定技術に応用することで、製造の現場まで持ち運ぶことができるようになったのです。可搬性を獲得した三次元測定機に非接触型測定技術を組み合わせるで、測定対象は大きく拡大されます。現在では自動車や船舶・航空機・工作機械といった大型製品の製造分野から建造物にまで測定対象が広がっています。工業製品の設計では3DのCADソフト使用が主流となっていますが、三次元測定機はこうしたCADソフトとの相性も抜群です。測定した試作品データをCADデータと比較するような用途ばかりでなく、リバースエンジニアリングと呼ばれる既存製品の構造分析手法にも三次元測定機が多く利用されています。